購入前に厚さをチェック!

購入前に厚さをチェック!

購入前に厚さをチェック! タイルカーペットは表側をカーペット、裏側をゴム状にすることで、通常のカーペットよりもズレにくく、なおかつ端が反りにくい構造になっていることが特徴です。いろいろなメーカーが作っているため、厚さは様々なものが販売されています。したがって、タイルカーペットを敷く場所や目的に合わせて、購入する前に厚さをしっかりチェックする必要があります。

一般的には、タイルカーペットには6mmから10mm程度の厚さの製品が多いです。もし5mm以下の薄い製品を購入してしまうと、使っているうちに端が反り返ってしまう可能性がありますので、あまり薄すぎるものは避けた方がよいでしょう。

たとえば、子供部屋に敷くものを購入するのであれば、転倒したときの怪我防止や防音などのために、厚くてクッション性が高い製品を選ぶと安心です。リビングルームに敷くものも、ウール素材のようにふっくらとした素材のものを選べば、保温効果も期待できます。

ただし、全体的に敷き詰めるときなど、ドアの近くにもタイルカーペットを敷く場合には、厚すぎるものを選んでしまうとドアの開閉がしにくくなってしまうため注意が必要です。ドアの近くに敷くのであれば、ドアの開閉がスムーズに行えるかどうかもチェックしたうえで購入するようにしましょう。

抗カビ機能付きのタイルカーペットが便利

抗カビ機能付きのタイルカーペットが便利 花粉の季節でもないのにアレルギー症状で悩まされている方はいないでしょうか?常に掃除しているつもりでも、フローリングや布団にカビが生える事はないでしょうか?実は、アレルギーで悩んでいる方の中には、カビが原因でアレルギーを招いている方も少なくはありません。

一般的にカビは湿度65%以上、気温が20~25℃くらいで発生が始まり、必要な環境が整うと一気に繁殖し空気中をカビの胞子が浮遊する事が多くあります。このカビを吸う事により肺疾患やアレルギーを患う事があります。カビを増殖させないためには、普段からの予防法が大事になります。そんな時に重宝するのが、抗カビ機能が付いたタイルカーペットになります。

通常のタイルカーペットは、布団ほどではありませんが、湿気がたまり特に機密性の高い住居ではカビの生える条件が揃っています。しかし、この抗カビ機能のタイルカーペットは、カビが好む環境をシャットアウトするため、快適に日常生活を送る事ができます。

新着情報

◎2018/2/5

購入前に厚さをチェック!
の情報を更新しました。

◎2017/11/7

抗菌機能付きのタイルカーペット
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイト公開しました

「カーペット 厚さ」
に関連するツイート
Twitter